読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画【邪眼は月輪に飛ぶ】ネタバレ無料

こんにちは、ももです。
邪眼は月輪に飛ぶ】 
を読んだので紹介します。
 
私は、まんが王国で無料試読出来たので
是非読んで下さい。
 
無料試し読みはこちら

邪眼は月輪に飛ぶ」の劇中の中で、

最も存在感を放つのは、

 

この物語の最大の強敵とも言える怪鳥

ミネルヴァでもあります。

 

藤田和日郎先生の作品の登場する怪物

の中でも、独特な恐ろしさを持ち、

 

物語を通して圧倒的な存在感で迫る

ミネルヴァは、

 

一見すればただのフクロウでも

あります。

 

物語の中で公表されているデーターは

翼長が150センチメートルに

 

満たないシロフクロウであるとされるも

ミネルヴァはフクロウではなく、

 

フクロウに似た何かであり、常に血の

ような液体を

 

大きい黄色い瞳から流している事が

最大の特徴として挙げられます。

 

でもその瞳こそが、ミネルヴァの持つ最大

の災厄でもあるのです。

 

邪眼でもあるミネルヴァがの瞳は、視界に

入ったすべての

 

生物を即死させる能力であり、ミネルヴァ

の邪眼を見てしまった者は、

 

例外なく身体から血が噴き出し、血塗れで

絶命してしまうという、

 

最大の災厄を持っているのです。

 

これはテレビ越しからでも効果があり、

アメリカ軍から逃れ、

 

東京へと飛び出たミネルヴァがテレビ

中継された際は、

 

全国に放映されてしまい、その番組を見た

視聴者400万人が死亡したと、

 

最大の被害を出し、それを駆除しようと

した自衛隊員にも2000名の

 

被害者を出してしまいます。

 

これは無人機からでも同じ事であり、

ディスプレイ越しから覗いても

 

死んでしまい、一度その瞳を見て

しまえば最後、

 

逃れるすべはないと、最悪の邪眼を

持っているのです。

 

物語の中ではその原理は不明のままですが

ミネルヴァに見られた、

 

また見てしまった生物は、その目から

「呪毒」と呼ばれる何かが入り込み、

 

死に至るとされています。

 

見てしまえば終わり、見られてしまえば

終わりと、

 

その姿を視認する事も叶わないとされる

怪鳥ミネルヴァ。

 

またフクロウではないにしろ、その邪眼

の稼動範囲は広く、

 

また360度に動く首や、可視範囲の広さ

等もフクロウの同等の特性を持ち合わせ、

 

飛行時瞬間速度は340キロメートルと

ハヤブサ並みの速度を有していると、

 

生物としてあり得ない能力を持ち、これに

目を付けたアメリカ軍は、

 

これをテロ国家に対する生物兵器として

利用しようと画策しますが、

 

目論見は失敗してしまい、東京へと解き

放たれてしまった事で、

 

この物語は始まる事となっていきます。

この怪鳥ミネルヴァに、どう挑むのか?

 

その息を吞む展開に目の離せない

内容となています。

 

 気になるようでしたらまんが王国で
無料試し読みできるので読んでみて
ください。
 
まんが王国で無料試し読みはこちら
 
邪眼は月輪に飛ぶ】 
          で検索すると出ます。