漫画【鬼畜島】の感想 ネタバレ無料

こんには、ももです。
【鬼畜島】 を読んだので紹介します。

私は、まんが王国で無料試読出来たので
是非読んで下さい。

無料試し読みはこちら

 

物語の始まりは割とテンプレだったのは

少し残念でした、

 

大学生たちが休みを兼ねて研究や旅行に

行き事件に巻き込まれるよくある手法

ですので。

 

島へ行くために借りていたクルーザーから

海の下に

 

放射性廃棄物のマークがついたドラム缶が

何個もゴロゴロと横たわっていたのには

 

今後の展開と出てくる敵たちの不思議な力

が科学的な変異に基づくものかと

 

思いきや後々に宗教的なものが原因による

と分かった時には

 

「えつ最初のアレはなんだったの?」

 

と思いながらもこれはこれでありだとも

おもいました。

 

主人公たちが狂気に蝕まれていく描写の

描き方が生々しいのは個人的には

よかったです、

 

島に来た当初は放射性廃棄物の影響か

何かで体の骨が曲がりくねった魚を

釣り上げ主人公たちが

 

「気持ち悪い」「食べれない」

 

などと言っているのですが、

 

友や周りの人たちが敵に無残に殺されるの

を目の当たりにして狂ってしまい

 

魚をバクバク食べるのはリアルなニンゲン

の心理描写を表せていたと思います。

 

敵についてですが、助けたはずのよぼよぼ

のおっさんがムキムキになるのには

驚きました、

 

超人的な怪力や回復力で主人公たちを追い

詰めるのは王道でありなら

 

よぼよぼの姿とのギャップもあり新しい

恐怖の表し方だと思いました。

 

気になるようでしたらまんが王国で
無料試し読みできるので読んでみて
ください。

まんが王国で無料試し読みはこちら

【鬼畜島】
で検索すると出ます。