心に刺さる衝撃シーンばかり 【透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記】

無料試し読みはこちら

 

トーリーは主人公の看護師見習いの

女子高生目線で、看護師の仕事や

赤ちゃん誕生の瞬間、それまでの母子の

姿なんかが描かれています。

 

短編集の様に、一つ一つのエピソードが

一話ずつに書かれているため、どこから

読み始めても面白く読めます。

 

でも、ほんわかと幸せになる内容ばかり

でなく、心に刺さる内容が多かったです。

 

感動ものを期待して読むと、少し違う

かな?と感じる人がいると思いますが、

 

何気なく手にとった人にも、多分衝撃

がある作品だと思います。

 

今は、准看護師として働きながら学校に

通っている人が多いと思いますが、

 

この物語では看護師をめざしているまだ

高校生の女の子が、アルバイトとして

産婦人科で働いています。

 

もちろん医療行為が出来ない中、中絶を

して残念ながら天国へ行く事になって

しまった赤ちゃんを

 

一人一人写真のフィルム入れの

様な容器へ入れるシーンが幾度となく

出てきます。

 

タッチはけして暗くはなくて、彼女は

助手の助手で何も出来ないけれど、

 

その仕事の時は子守唄を

唄いなから優しく作業します。

 

それがなんとも心に刺さって仕方が

なかったです。

 

一話一話にこんなインパクトがある

シーンが描かれていて、生まれって

なんだろう。

 

生きるってなんだろう。

 

ああ、こんな思いでお母さんは赤ちゃん

を待つんだ。

 

お父さんの気持ちってこういうものなんだ。

 

それに一緒に向き合う看護師さんはそう

だったんだと、深く考えさせられます。

 

思春期のお子さんから大人の方に読んで

欲しい作品です。

 

気になるようでしたらまんが王国で

無料試し読みできるので読んでみて

ください。

 

 

まんが王国で無料試し読みはこちら

 

透明なゆりかご 産婦人科医院看護師

見習い日記

 

で検索すると出ます。