漫画【ジェノサイダー】ネタバレ無料

こんにちは、ももです。
【ジェノサイダー】 
を読んだので紹介します。
 
私は、まんが王国で無料試読出来たので
是非読んで下さい。
 
無料試し読みはこちら

自宅に帰ってきたナツミと母親の関係が

面白かったです。

 

ナツミの母親は取材を受けるほどの

カリスマ主婦です。

 

この母親は世間体を気にしてナツミの服

を全て捨ててしまうなど

 

変わった面があります。

 

そのため彼女は母親を理解者とは思えず

に孤独を感じていました。

 

学校でも家庭でも自分は受け入れられ

ていないと

 

彼女が悩んでいることが印象に

残りました。

 

特に注目すべき点は、彼女が親に隠れて

ケイタの部屋に通っていることです。

 

ナツミは家庭では良い娘を演じていて

裏では仲間と恐喝をしています。

 

抑圧された家庭の反動が表れているの

ではないかと考えました。

 

ケイタの部屋には仲間が集まって

います。

 

その中にはナツミがケイタに利用され

ていることを

 

良く思っていない男もいます。

 

その男はケイタに対してもっと優しく

ナツミの接するべきだと言いました。

 

するとケイタは突然怒り出し彼を壁に

押し付けました。

 

私はケイタはとても独占欲が強い男性

だと思いました。

 

ナツミを彼女にするだけでは飽き足らず

過酷なセックスなどを強要しています。

 

どうもケイタはナツミが苦しむほど自分

が彼女に愛されているのだ

 

と考えているようです。

 

苦しいのにナツミが逃げないのは彼女

に愛情があるという論理です。

 

 気になるようでしたらまんが王国で
無料試し読みできるので読んでみて
ください。
 
まんが王国で無料試し読みはこちら
 
【ジェノサイダー】 
          で検索すると出ます。

漫画【フルーツ宅配便】ネタバレ無料

こんにちは、ももです。
【フルーツ宅配便】 
を読んだので紹介します。
 
私は、まんが王国で無料試読出来たので
是非読んで下さい。
 
無料試し読みはこちら

漫画「フルーツ宅配便」とは一言で

説明をすると、

 

デリバリー・ヘルス、通称デリヘルの

世界の裏側を描いた漫画です。

 

デリヘルというと通常いやらしいイメージ

がありますが、

 

この漫画ではほとんど性描写があり

ません。

 

むしろ絵のタッチもほんわかしていて、

ぱっと見では

 

デリヘルがテーマの漫画だとは思えない

ほどです。

 

というのも、この漫画はデリヘルのあくま

で裏側、様々な事情を抱えつつ

 

デリヘルで働く女性たちに焦点を当てて

いるのです。

 

デリヘルとして働きたくて働いている

わけではなく、

 

生活のどこか不満や不便があって仕方なく

デリヘルとして働く女性たち、

 

そんな彼女たちの葛藤を丁寧に描いて

いるので、

 

なんだか読んでいてとても切ない気分に

すらなります。

 

物語としては、ある日ひょんなことが

きっかけで店長代理として

 

働くことになった主人公である青年、

咲田の視点で描かれ話が進んでいきます。

 

咲田自身もデリヘルの彼女たちに対して

決してひどい扱いをすることなく、

 

むしろ親身になって相談に乗ったり

しています。

 

そんな咲田だからこそ彼女たちも自分の

悩みを打ち明け、

 

親身になって話し合い、時にはデリヘルを

やめることを勧めてしまう。

 

憎めない主人公です。女性も男性もどちら

もそれぞれの立場になって

 

読むことができる、考えさせられる作品

になっています。

 

 気になるようでしたらまんが王国で
無料試し読みできるので読んでみて
ください。
 
まんが王国で無料試し読みはこちら
 
【フルーツ宅配便】 
          で検索すると出ます。

漫画【先生の白い嘘】ネタバレ無料 女性性にコンプレックスを抱えた主人公

こんにちは、ももです。
【先生の白い嘘】 
を読んだので紹介します。
 
私は、まんが王国で無料試読出来たので
是非読んで下さい。
 
無料試し読みはこちら

人間の嫌な部分やドロドロとした感情

コンプレックスや

 

他人への悪意を描いた漫画です。

 

主人公をはじめ登場人物たちのほとんど

が不健全な性体験に巻き込まれています。

 

一見するとジェンダーフェミニズム

の問題提起かと思いますが、

 

女性性にコンプレックスを抱える女性

だけでなく

 

他人から向けられる性的視線に強い感情

を持つ人には響く内容です。

 

現実的には起こりえなさそうなストー

リーのようにも思えますが、

 

もし仮に現実に同じ体験をしていたと

しても普通はおおっぴらに

 

誰かに話したりしません。

 

主人公と同じ体験をしていたとしても

自分の恥になるので

 

黙っているはずです。

 

そう考えると、同じような体験をして

いながら黙っていて、

 

何事もなかったかのように生活している

人も少なくないのかもしれません。

 

主人公は、表面上は親友という設定の

女友達の婚約者に

 

不当に性的支配を受けています。

 

好きでもない男性に奴隷のように扱われ

ていますが、

 

そのときの心理描写が卑屈で後ろ暗くて

切なくなります。

 

自分に自信のあるタイプの女性読者で

あれば、

 

主人公の言動は理解不能でしょうが、

自分に自信がないタイプの

 

女性読者であれば、苦痛だけれど逃れ

られないと感じる

 

主人公の気持ちに共感できると

思います。

 

読後感は悪いですが、印象的な作品です。

気になるようでしたらまんが王国
無料試し読みできるので読んでみて
ください。
 
まんが王国で無料試し読みはこちら
 
【先生の白い嘘】 
          で検索すると出ます。

漫画【幸せの時間】ネタバレ無料

こんには、ももです。
幸せの時間
を読んだので紹介します。

私は、まんが王国で無料試読出来たので
是非読んで下さい。

無料試し読みはこちら

主な登場人物は、浅倉家の人

たちです。


父の達彦、妻の智子、子供の良介、

香織の4人家族です。


達彦は、買おうとずっと思っていた

自分の家をついに買うことができました。


兄と妹も17歳と15歳とだいぶ大きく

なっていたので、

 

ちょうど自分の部屋が欲しいと思って

いたときでした。


なので、自分の家をこのタイミングで

買ってくれたので、

 

子供たちも喜んでいました。

荷物を新しい家に移動がほとんど終わ

った頃に、

 

妻は夫にこんな素晴らしい家をありが

とうと感謝の言葉をかけます。

 

達彦は、自分だけで建てた家ではなく、

妻の支えがあったからと答え、

 

これからは4人でこの家を育てて、最高の

マイホームにしていこうと言うのでした。


浅倉家は、今このとき幸せの時間でした。

ずっと続くと思われていた幸せは、

とあることでなくなってしまいます。


それは、智子が起こした交通事故によって

今までの家族の状況が

 

変わってしまうのでした。

 

この状況を変えることはできる

でしょうか。

始まりは、素敵な家族だなと感じました。

 

4人が皆幸せの頂点にいるのでは感じる

くらいですね。


ネタバレになりますがでもこの幸せが

ずっと続くと思っていましたが、

 

そうではなかったのです。

形あるものいつか壊れるという言葉を

聞いたことがありますが、

 

幸せの時間もいつかなくなるということ

なのかなと本作を読んで思いましたね。


ずっと幸せが続けば良いのですが、

時間が流れるということは、

 

常に変化があるということです。


この変化にうまく対応して、幸せを

つかんでいくということが

 

いかに大変なのかということが

わかりました。

これからの浅倉家は大変な状況ですが、

ここからどのように

 

対応していくのか気になるところ

ですね。

無料試し読みできるので読んでみて
ください。

まんが王国で無料試し読みはこちら

幸せの時間
で検索すると出ます。

 

漫画【デビルズライン】ネタバレ無料 吸血鬼の捉え方が新しいマンガ

こんには、ももです。
【デビルズライン】
を読んだので紹介します。

私は、まんが王国で無料試読出来たので
是非読んで下さい。

無料試し読みはこちら

今まで吸血鬼が出てくるマンガだと、

人間と対立したり

 

只々化物だったりする事が多い様に

思います。

 

でもこのマンガの吸血鬼は、一般社会に

溶け込み人間として生きているんです。

 

でも吸血したい衝動に駆られたときは

抑え切れなくなるが、

 

それが本人の意志とは別のものなのです。

 

血を吸いたい本能と、人間を愛しそういう

普通の生活をしたい

 

気持ちが交差するとても切ない物語だと

いう印象を持ちました。

 

また絵がそういう切なさを醸し出すのが

とっても上手です。

 

吸血鬼は力も強く、通常の人間より優れ

た能力を持っている設定です。

 

だから血が出るシーンはありますが、

読めないほど

 

グロかったりはしなかったです。

 

それよりも人と吸血鬼の存在を分かって

生きている人たちの

 

感情の複雑さがよく出ていて、読みなが

ら切なくなっていきます。

 

吸血鬼だから、人だから助けるとかでは

なく助けてもらった恩や

 

間違ったことをしていないから信じること

の大切さなど、

 

感情がにじみ出る様に描かれています。

 

複雑で面倒臭い人々の感情が見られながら

も少しホッコリする様なマンガです。

 

バトルシーンなどはドキドキハラハラ

しますが、

 

これから主人公と吸血鬼の彼がどう

なっていくのかは見ていて

 

とても温かく感じるところです。

 

表紙の怖い感じに比べればすごく読み

やすく、お勧めのマンガです。

 

無料試し読みできるので読んでみて
ください。

まんが王国で無料試し読みはこちら

【デビルズライン】
で検索すると出ます。

 

漫画【ジンメン】ネタバレ無料

こんにちは、ももです。
【ジンメン】 
を読んだので紹介します。
 
私は、まんが王国で無料試読出来たので
是非読んで下さい。
 
無料試し読みはこちら

最近流行りのパニックものの漫画が

好きで、ジンメンを読みました。

 

動物園の動物たちを大切な友人と考え

ている主人公が、

 

久しぶりに動物園を訪れると、動物たち

が皆怪物と化しているという

 

設定がユニークです。 

 

『ジンメン』はパニックものではあ

りますが、

 

敵キャラである動物たちがあんまり怖く

ないことが、特徴の一つだと思います。

 

大抵のパニックものの敵は、ホラー要素

が強かったり、グロテスクだったり、

 

「理解不能で理不尽に人間を殺戮

  する存在」

 

として描かれることが多いです。

 

しかし、『ジンメン』に出てくる動物

たちは、怖さがありながらも、

 

笑ってしまうユニークなキャラも

多いです。 

 

教科書を読んで勉強する犬や、顔だけ

人間で性行為にいそしむパンダなど、

 

思わずクスッとしてしまいます。 

 

動物に殺される側の人間が、大抵自分

勝手で悪い人間であることも、

 

敵キャラであるはずの動物たちに愛着が

わく理由の一つかもしれません。 

 

個人的には、『ジンメン』の中で一番好

きなキャラクターはゾウのハナヨです。

 

ごく普通のゾウであった時も、友人との

コミュニケーションが

 

苦手な主人公を助けたり、心優しく、

主人公を大切に思っていたことが

 

伝わってきます。 

 

それは怪物になった時も同じで、人間で

ある主人公を冷たく

 

突き放しつつも殺すことができず、

人間を殺戮する怪物としての自分と、

 

主人公との絆に揺れるハナヨの姿は、

とても人間臭いです。 

 

最後にハナヨが主人公をかばって死ぬ時

普通のゾウだった頃の姿の

 

ハナヨがだぶって見えるシーンでは、

ハナヨの思いに思わず涙がこぼれました。

 

まさか、パニックもので泣くことになる

とは予想していませんでした。 

 

『ジンメン』は、ただのパニックもの

ではありません。

 

主人公たち人間サイドと同時に、敵である

動物サイドを見るのも非常に楽しく、

 

他のパニックものとは一味違った読み応

えがあります。

 気になるようでしたらまんが王国で
無料試し読みできるので読んでみて
ください。
 
まんが王国で無料試し読みはこちら
 
【ジンメン】 
          で検索すると出ます。

漫画【女帝 由奈】ネタバレ無料 夜の銀座が華やかだった時代と韓国のことも知れる

こんにちは、ももです。
【女帝 由奈】 
を読んだので紹介します。
 
私は、まんが王国で無料試読出来たので
是非読んで下さい。
 
無料試し読みはこちら

銀座のナンバーワンホステスを目指す

女性の漫画はいくつかありますが、

 

この漫画は韓国の女性が銀座でナンバー

ワンになる話です。

 

良くありがちな政界の人との関わりや、

在日韓国人のことも知れて

 

なかなか興味深い展開になっています。

 

ところどころ韓国ドラマでも良くある

ドロドロの復讐劇が盛り込まれていて、

 

昼ドラ好きな人や韓ドラ好きな人にも

おすすめです。

 

主人公の由奈自体がイケイケではなく

ごくごく普通の女子学生で

 

頭の良いキャラなので、読んでいても

感情移入しやすく、

 

主人公が頭が良いことで展開にもイラ

イラしません。

 

ですが純粋でひたむきなので、漫画内の

由奈の恋愛には夢中になります。

 

今は銀座も昔と違って活気がないよう

なので、

 

昔ほど女帝と騒がれる人もいませんし、

昔女帝だったような人も

 

今はどうなってしまったのかわからない

ような状態ですが、

 

漫画でこうした銀座の活気あった頃を

読めるのは楽しいです。

 

日本の女性が銀座でナンバーワンになるの

と違って、

 

韓国人ならではの差別やハンデをおって

いるということも漫画で

 

知ることができて良かったです。

 

ただ単におしゃれでかわいい女性の話

ではなく、

 

歴史や経済なども漫画に織り込まれて

いるので勉強にもなりました。

 

 気になるようでしたらまんが王国で
無料試し読みできるので読んでみて
ください。
 
まんが王国で無料試し読みはこちら
 
【女帝 由奈】 
          で検索すると出ます。